ちび電カメラ

冨田 太基 + José María Campaña Rojas

参加者は、発電パネル上で体を動かし発電をします。発電された電気がある一定量をこえると、設置されたカメラにより撮影が行われます。撮影された写真は、パネルの前方に設置した大型のスクリーンにリアルタイムで投影されます。また、パネルの場所によってノーマル・エフェクト・ループなど表示形態が異なり、参加者それぞれの発電量によってエフェクトのかかり具合や種類、ループの再生時間の長さが変化していきます。スクリーンには、普段意識して写す写真にはない、ふとした表情が切りとられていきます。

冨田 太基

1990年、埼玉県出身

情報科学芸術大学院大学(IAMAS)



José María Campaña Rojas

1989年生まれ、メキシコ出身

情報科学芸術大学院大学(IAMAS)

MAKE
multimedia